乳歯のむし歯を放置してはいけない理由

乳歯にむし歯ができても、「もうすぐ永久歯が生えてくるから、放置しても大丈夫」と考えていませんか?
それはとても危険なことです。今回は、乳歯のむし歯を放置してはいけない理由について解説していきます。

〈乳歯は永久歯と比べてむし歯になりやすい〉
乳歯と永久歯を比べると、乳歯の方がむし歯になりやすいです。
なぜなら、乳歯は歯の表面のエナメル質が薄く、永久歯のように強くないため、かんたんにむし歯になりやすいです。

また神経の部屋は永久歯よりも大きいため、一度むし歯になると進行が早く、すぐに神経まで到達してしまうのです。

本人も気付かないことが多いため、定期検診をしていないと大きなむし歯になっていることが多いです。

〈乳歯のむし歯を放置してはいけない理由〉
では、乳歯のむし歯を放置してはいけないのはどうしてでしょうか?

1.永久歯の歯並びに影響する
乳歯が大きなむし歯になると、場合によっては抜歯しなければなりません。そうすると、その後に生えてくる永久歯のスペースを確保できなくなります。これにより、永久歯が本来の位置よりもズレて生え、歯並びが悪くなります。

2.永久歯がむし歯になる可能性が高くなる
乳歯に大きなむし歯があると、お口の中の虫歯菌数が多くなります。
そのため生えてきたばかりの永久歯もむし歯になりやすくなります。
また乳歯のむし歯に気付かず、根っこの先に膿の袋ができてしまうと、顎の中に埋まっている永久歯の色が変わるといった悪影響が及びます。

3.顎骨の成長の妨げとなる
むし歯があると、無意識のうちに反対側で食事をするようになります。
常に片側で噛むため、筋肉や顎骨が偏って成長してしまい、左右のバランスが悪くなります。
また、硬いものを食べられないため、顎骨の成長に影響があります。

〈乳歯にむし歯があるなら必ず治療しましょう〉
ごく初期のむし歯でない限り、むし歯は風邪と違って自然治癒することはありません。
たとえ乳歯はいずれ抜けるとしても、必ず歯科医院で治療してもらいましょう。
小さい場合は、むし歯の部分を削ってプラスチックを詰めます。
少し大きい場合は詰め物の型をとってから、金属の詰め物をします。
神経までむし歯が到達した場合は、神経の治療を行います。

〈まとめ〉
乳歯のむし歯を放置すると、永久歯の歯並びが悪くなったり、むし歯になる可能性が高くなります。
また、顎骨の成長にも影響があるため、必ず治療しましょう。

彩都西歯科クリニック 歯科衛生士  吉本 絹世


24時間ネット予約
スタッフブログ
恵愛クリニック

彩都西歯科クリニック
〒567-0086
大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

TEL:072-640-6480

診療時間のご案内※19:30受付終了
※予約制・新患、急患は随時受付
※各種保険取り扱い
※木曜日は矯正歯科のみ

休診日のご案内

舌の痛み特設サイト

矯正歯科治療についてのご案内

インプラントについてのご案内

地図

ひかり歯科通信

彩都歯科クリニック

新大阪ひかり歯科クリニック

▲このページのトップへ