毎日のお口のケアにした磨きを加えましょう

鏡で見た舌は、何色をしていますか?
舌の表面が汚れていると、口臭の原因になります。
今回は、舌磨きの大切さと方法について解説していきます。

〈舌の汚れの正体は“舌苔”〉
鏡で舌を見た時、通常はうっすら白い色をしています。
しかし、舌の表面に汚れがたまると、真っ白になったり、茶色、さらには黒色の汚れが付着していることもあります。
この汚れのことを“舌苔”と言います。舌苔の中には、むし歯菌や歯周病菌などの細菌類、そしてお口の中の粘膜が剥がれ落ちた
アカや食べ物のカスが混ざった汚れです。舌苔が溜まればたまるほど、量が多くなり色も濃くなります。
また、唾液量が少ないと舌苔の量は多くなります。

〈舌苔は口臭の原因になる〉
舌苔は口臭の原因になります。実に口臭の60%はこの舌苔からきているという研究結果もあるほどです。
舌苔が多くなればなるほどニオイはきつくなり、ひどい場合は生ゴミのようなニオイを発生させることもあります。
スメルハラスメントしないためにも、舌磨きをすることは大切です。

〈舌磨きの方法と注意点〉
舌磨きをする上で、以下の点を行なってください。
(1)専用の舌ブラシを使用する
舌の粘膜はとても繊細なため、歯ブラシでは傷つけてしまう恐れがあります。そのため、専用の舌ブラシを使用してください。
(2)一方方向に磨く
磨く時は、奥から手前に一方方向に何度か磨きましょう。
(3)軽い力で行う
強く磨くと粘膜を傷つけたり、嘔吐反射(吐きそうになること)が出るかもしれません。無理なく軽い力で行いましょう。
(4)1日1回朝のみ行う
舌磨きをしすぎると、逆に汚れがつきやすくなります。やりすぎに注意が必要です。1日1回、朝起きてから磨くようにしましょう。
寝ている間は唾液の分泌量が低下するため、お口の中の細菌が増えます。起床時のお口の中が1番汚れているのです。
その状態で食事をするなら、その菌を全て飲み込むことになるため、できるだけ朝食前に舌磨きと歯磨きを行うようにしてください。

〈まとめ〉
舌の表面には多くの汚れが付着しています。
そのため、できるだけ舌磨きを行なって、お口の中の汚れを落とし、口臭を予防していきましょう。
舌磨きをする際は以下の点に注意しましょう。

◎ 専用の舌ブラシを使用しましょう
◎ 一方方向に磨きましょう
◎ 軽い力で行いましょう
◎ 1日1回朝のみ行いましょう

くれぐれもやりすぎないように注意してください。

彩都西歯科クリニック 歯科衛生士 伊原 絢子


24時間ネット予約
スタッフブログ
恵愛クリニック

彩都西歯科クリニック
〒567-0086
大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

TEL:072-640-6480

診療時間のご案内※19:30受付終了
※予約制・新患、急患は随時受付
※各種保険取り扱い
※木曜日は矯正歯科のみ

休診日のご案内

舌の痛み特設サイト

矯正歯科治療についてのご案内

インプラントについてのご案内

地図

ひかり歯科通信

彩都歯科クリニック

新大阪ひかり歯科クリニック

▲このページのトップへ