仕上げ磨きの方法について

お子さんに仕上げ磨きをする際、困ったことはありませんか?
やり方がわからない、子どもが嫌がるなどの経験をされるかもしれません。
乳歯はいずれ生え変わるから、多少磨けていなくても問題ないと思われるかもしれませんが、これは大きな間違いです。
今回は仕上げ磨きの重要性や、磨くポイントについて解説していきます。

 

〈仕上げ磨きの重要性〉
乳歯はだいたい5歳〜6歳ごろから永久歯へと生え変わっていきます。
一生使う歯ではないため、子どもが嫌がったり、時間がなかったりすると、仕上げ磨きをおろそかにしてしまうかもしれません。
しかし仕上げ磨きはとても大切です。乳歯の時にむし歯があると永久歯もむし歯になりやすいですし、乳歯は永久歯の歯並びに大きな影響を与えるからです。

 

〈仕上げ磨きのポイント〉
①ブラシはヘッドが小さく柔らかいものを選ぶ
乳歯はとても小さいため、それに合わせて歯ブラシのヘッドが小さいものを選びましょう。また歯ブラシの硬さが硬いと
歯や歯ぐきを傷つけてしまうため、普通〜やわらかめのものを選びましょう。

②姿勢は寝かせた状態で磨く
子どもを立たせながら磨くと、奥歯はよく見えません。見えなければ汚れを落とすことは難しくなります。
保護者の方の膝の上にお子さんの頭を乗せて、磨いてあげましょう。明るいところで行うようにしてください。

③1カ所につき20回を目安に動かす
歯1〜2本を、20回以上歯ブラシを動かして磨くようにしましょう。この時ゴシゴシと力を入れるのではなく、優しい力で磨いてください。
歯ブラシを鉛筆持ちにすると、余分な力がかかりにくくなります。3分以上かけて磨くことを目標にしましょう。

④6歳臼歯は念入りに磨く
6歳臼歯は、6歳ごろに生えてくる永久歯です。生えたての頃は歯がもろく、また噛み合わせの溝も複雑なため、
むし歯になってしまう事が多いです。気づかない間に生えていることもあるため、注意しましょう。

⑤糸ようじも忘れずに
歯と歯の間はむし歯になりやすい場所です。最後に糸ようじを通して、汚れを落としましょう。

 

〈小学校卒業までは仕上げ磨きを〉
小学校に入る頃には、多くのお子さんが自分である程度歯磨きをするかもしれませんが、きちんと磨ける子はいません。
最低でも小学校低学年、できれば小学校卒業までは、1日1回、夜に仕上げ磨きをしてあげましょう。
また、3ヶ月に一回は歯科医院でお口の中をチェックしてもらい、フッ化物塗布や、歯磨き指導を受けて、
むし歯を予防していきましょう。

 

彩都西歯科クリニック 歯科衛生士  吉本 絹世


24時間ネット予約
スタッフブログ
恵愛クリニック

彩都西歯科クリニック
〒567-0086
大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

TEL:072-640-6480

診療時間のご案内※19:30受付終了
※予約制・新患、急患は随時受付
※各種保険取り扱い
※木曜日は矯正歯科のみ

休診日のご案内

舌の痛み特設サイト

矯正歯科治療についてのご案内

インプラントについてのご案内

地図

ひかり歯科通信

彩都歯科クリニック

新大阪ひかり歯科クリニック

▲このページのトップへ