シーラントについて

シーラントという言葉を聞いたことはありますか? お子さんの大切な歯を守るために、シーラントは重要な治療です。
今回は、シーラント治療のメリットや注意点について解説していきます。

 

〈シーラントとは?〉
シーラントとは、奥歯の噛み合わせの溝を、プラスチック樹脂で埋める治療です。フッ化物塗布と並ぶ、代表的な予防処置です。特に、生えたばかりの6歳臼歯(第一大臼歯とも言われる1番始めに生えてくる奥歯の永久歯)や、その他の奥歯に適応されます。

 

〈シーラントのメリット〉
では、なぜシーラントは効果的なのでしょうか?
①溝を埋めることで、食べかすが入り込みづらくなる
奥歯の溝は複雑な形状をしています。とくに6歳臼歯は溝が深い上に、生えてきたことに気づかなかったり、
気づいたとしても磨きづらいため、多くのお子さんがむし歯にしてしまう歯です。
しかし、シーラントによってその溝を埋めてあげると、溝に食べかすが入るのを防いでくれるため、むし歯を予防できます。
②フッ素配合のシーラントはさらに予防効果を高める
シーラントの中には、フッ素が配合されたものもあります。
フッ素は歯を強くする効果があるため、シーラントが行われた部分の歯が強くなり、さらにむし歯予防効果は高まります。
③保険が適応される
基本的にシーラントは保険が適応されます。自治体によっては医療券を持っていると小中学生は無料になります。
ただし、すでにむし歯になってしまっている歯には適応できません。その歯が適応になるかどうか、歯科医師に確認する
必要があります。

 

〈シーラントの注意点〉
①シーラントは半永久的なもの
シーラントは永久的なものではないため、かけたり、外れたりすることがあります。そのため、定期検診でチェックしてもらう
必要があります。かけたり、外れている場合はもう一度治療してもらいます。
②絶対にむし歯にならないわけではない
シーラントはあくまでもむし歯を“予防”するためのものであり、絶対にむし歯にならないわけではありません。
上記にあるように、かけたり、外れたりすることもあり、それが原因で気づかないうちにむし歯になってしまうこともあります。
そのため、定期検診は欠かせません。また、歯磨きができていなければ、やはりむし歯になりやすくなります。

 

〈まとめ〉
シーラントは予防処置の一種です。奥歯の溝をプラスチック樹脂で埋めることにより、むし歯を防ぐことができます。
しかし、定期的にチェックをしていなければ、かえってそれが原因でむし歯になってしまうこともあります。
お子さんの大切な歯を守るために、ぜひ一度歯科医師と相談してシーラントによる予防処置を受けましょう。
乳歯の奥歯、永久歯の奥歯が生えてきたら、ぜひご相談ください。(前歯の裏のくぼみが大きい場合もシーラント適応になる場合があります)

 

彩都西歯科クリニック 歯科衛生士 伊原 絢子


24時間ネット予約
スタッフブログ
恵愛クリニック

彩都西歯科クリニック
〒567-0086
大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

TEL:072-640-6480

診療時間のご案内※19:30受付終了
※予約制・新患、急患は随時受付
※各種保険取り扱い
※木曜日は矯正歯科のみ

休診日のご案内

舌の痛み特設サイト

矯正歯科治療についてのご案内

インプラントについてのご案内

地図

ひかり歯科通信

彩都歯科クリニック

新大阪ひかり歯科クリニック

▲このページのトップへ